忍者ブログ

紅茶のショッピングカタログ

紅茶のショッピングカタログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

インド政府御用達の紅茶鑑定士が選んだダージリン2009年ダージリン・ファーストフラッシュ プッタボン茶園20g [10P09Dec09]

インド政府御用達の紅茶鑑定士が選んだダージリン2009年ダージリン・ファーストフラッシュ プッタボン茶園20g [10P09Dec09]

インド政府御用達の紅茶鑑定士が選んだダージリン2009年ダージリン・ファーストフラッシュ プッタボン茶園20g [10P09Dec09]

ダージリンティーは年間通して収穫されていますが、その中でも香りが他の季節より秀でる新茶の時期はファースト・フラッシュ(春)、セカンド・フラッシュ(夏)とオータムナル・フラッシュ(秋)の年3回です。春の新茶(ファースト・フラッシュ)は清々しいフレッシュな香りで、夏の新茶(セカンド・フラッシュ)はマスカテールとフローラルの芳香と味わいがあり、秋の新茶(オータムナル・フラッシュ)は秋の深まりとともに味わいとまろやかさが増す少し渋みを味わうことができます。 ダージリンティーとは、 インド北東部西ベンガル州北部のダージリン地方で生産される紅茶の総称です。セイロンのウバ、中国のキーマンそしてインドのダージリンは世界の三大紅茶と称されています。インドのコルタカで開かれる!
茶のオークションに参加する資格のある紅茶鑑定士は世界でたったの二十数人しかいません。そのひとりであるサンジャイ・カプール氏が自らオークションに参加して、2009年のファーストフラッシュの最高峰として選んだのが「プッタボン茶園」です。カプール氏が選び抜いた茶葉をそのままインドから空輸し、水広場のお客様にいち早くお届けします。 1852年に創立され、ダージリン地方で最初の茶園と云われています。1992年にはこの茶園の紅茶に過去最高額の値が付けられ、ワールドレコードを出したことでも有名。品質の更なる追求はもとより、ISO9002・HACCPの取得など、常に先駆者的存在の茶園です。現在はオーガニック(有機)農場への移行が進められています。(写真・上)インド洋から吹き込んでくる風がヒマラヤ山脈に冷!
やされてダージリン地方に霧が立ち込める。!
と夜の寒暖の差が大きいほど良い茶葉を育成するのに適した環境である。(写真・左)150年以上の歴史を持つプッタボン茶園。事務所入口の上には、世界最高落札を誇る「World Record Price 10.000インドルピー/kg」の文字が。 【プロフィール】サンジャイ・カプール Sanjay Kapur インド政府公認紅茶鑑定士。紅茶テイスターで世界でも20人程度しかいないという国際仲買免許を持ち、10年以上にわたり本国インド政府に紅茶の指南をしている。また、権威あるフランス食品振興会(SOPEXA)より依頼を受け講演を行うなど、近年ではインド国内にとどまらず、その活躍の場を海外にも広げている。2009年6月に日本でセミナーを開催したカプール氏。「水広場」が提供した10種類のミネラルウォーターを使ってのテイスティング。 阿蘇の宮水(硬度:110)カ!
ール氏も勧める硬度110の中硬水。ファーストフラッシュの渋みを角が取れた柔らかい味にします。ブルースプリング(硬度:11)超軟水のこの水は、渋みを含めファーストフラッシュの素材その物すべてを楽しみむのに適しています。

893 円 ( 税込 / 送料別 / 販売中 )

販売期間:指定なし

販売店:水広場楽天市場支店

[ 個別ページ ]

[ 他の商品を検索する ]


PR

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 紅茶のショッピングカタログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ