忍者ブログ

紅茶のショッピングカタログ

紅茶のショッピングカタログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

紅茶(ジャワ・ティー)_オレンジペコー(OP_紅茶)_100g

紅茶(ジャワ・ティー)_オレンジペコー(OP_紅茶)_100g

紅茶(ジャワ・ティー)_オレンジペコー(OP_紅茶)_100g

茶葉の種類と特徴ジャワBOP :・香りが強く、渋み、苦味が殆どなく、どなたにも飲み易いヘルシーな紅茶です。香りは爽やかで、水色は透明感のある明るいオレンジ色、サラッとしていてる。・ジャワティーの茶葉本来のニュートラルな風味を味わうにはぴったり。・クオリティシーズンがないのでどの時期の茶葉でも一定の風味を楽しめる。・ジャワBOPの楽しみ方:ブラックティー・ミルクティー・アイスティー・食事のときに水の変わりに飲める軽快な味わい。ジャワCTC :・BOP以上にスムーズな飲み心地となる。・風味は マイルド・水色が深い赤い色・ブラックで飲むよりは何かを混ぜてプラスにして楽しむ紅茶である。・ジャワCTCの楽しみ方:ティーバッグ同上のブレンド、ハーブ、食材との組み合わせ、オ!
ジナルのバリエションを試すのに最適。インドネシア紅茶について1.インドネシア紅茶の概要・最初は1690年に中国種の苗木を植えました。・産業としての栽培は1872年、アッサム種の導入して からがスタートでした。・第二次世界大戦前にはスリランカ、インドに続く世 界3位の生産量を誇った。・第二次世界大戦や独立戦争などにより茶園が破壊さ れ、紅茶の栽培は一旦衰退。・1971年に世界銀行の借款とスリランカによる栽培指 導で復活を果たした。2.紅茶の栽培と品質 北海道の約1.5倍の面積に1億5000万人以上の人々が暮らし、人口密度世界一の島のジャワ島で紅茶の栽培が広がっており、標高が1,500m超える茶畑である。気温風土がスリランカに近いので、できる紅茶も似ている。 ジャワ島での栽培が中心となっているので、!
ンドネシアの紅茶よりはジャワ紅茶・ジャワ!
ィーの名前で知られている。茶葉の収穫シーズンは1年を通じて行われているので、年を通じて安定した茶葉を供給することができる。更に、インドネシア国内の紅茶生産を全て国が管理し、高い品質を保っていることは特色といえる。

800 円 ( 税込 / 送料別 / 販売中 )

販売期間:指定なし

販売店:出島 ゆめ ショップ

[ 他の商品を検索する ]


PR

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

フリーエリア

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 紅茶のショッピングカタログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ